トラベル

オキナワ女子旅/恩納村編

パッカー女子ですが車は必要!

沖縄旅行での重要なポイント。それは、県内在住者同様に移動ですね。空港発着の路線バス、リムジンバスもありますが、バックパッカー女子といえども、移動の自由さを考えたら、そう、沖縄はやっぱりレンタカーです。

パッカー女子でもここは節約できません。車がないと、沖縄旅行の満足度が変わってきてしまうので、ここはケチらず、レンタカーでキマリ! 14000円弱の格安レンタカーもあるので、スケジュールが決まったら早めに予約を忘れずに!

さてさて、沖縄旅行の醍醐味とは?? やっぱり「きれいな海」を満喫することですよね。

海を眺めながら、朝食なんてできたら、最高に幸せな気分になりますね。

シーサイド ドライブイン画像

そこでおすすめしたいのが、恩納村にある「シーサイド ドライブイン」のテイクアウトです。那覇中心部から車で40分ぐらいで行けるこのお店は、1967年創業のアメリカンスタイルのレストランで、常に賑わっています。

シーサイド ドライブイン画像

シーサイド ドライブイン画像

シーサイド ドライブイン画像

なんと、全てのフードがテイクアウト可能なんです。通常はテイクアウトは24時間営業でしたが、コロナによる時間短縮でテイクアウトは4時〜23時。店内飲食は8時〜20時で、木曜日だけ、テイクアウトも店内も10時〜となっています。豚骨ベースのスープが一度飲んだら、病みつきになるほど忘れられない味なのですが、本当に不思議な味説明することが難しいので、ぜひ確かめに行ってください。

シーサイド ドライブイン画像

テイクアウトしたら、レストラン近くの海沿い最高ロケーションでほっと一息、お食事タイムを満喫してください。(営業時間は予告なく変更となりますので、事前のご確認をお忘れなく!)

住所:沖縄県恩納村仲泊885

シーサイドドライブイン HP

想像してみてください(笑)ぼ~っとしていると、喉が渇いてきますよね。

シーサイドドライブイン近くに、「trip cafe okinawa」というおしゃれなカフェがあります。デザートが別腹!という人には、焼き立てふわふわパンケーキを注文して、さんぴん茶を使ったフルーツティーを合わせるのがオススメです。パンケーキの種類は、季節限定商品も含めて5品程度です。特に、沖縄県産紅芋パンケーキは、人気商品だそうです。可愛いさいっぱいのお店は、テラス席もあるので、コロナ対策もばっちりです。

カフェ/イメージ画像

住所:沖縄県国頭郡恩納村字前兼久466-1 カステッロHN B号室

trip cafe okinawa

お腹もいっぱいになったら、満潮時に開催されるカヤッククラブ グッドライフの「カヤックDEマングローブ」で大自然満喫のエコツアーへの参加をオススメします。(9:0013:00の回があるので食事の時間を調整してください)なぜ、ここでマングローブカヤックかというと、海ではない沖縄の魅力を感じることができるからです。ガイドさんが不思議な生態について丁寧に説明してくれて、約3時間ぐらいで全行程が完了します!

住所:沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1288

カヤッククラブ グッドライフ

 

恩納そば/イメージ画像

身体をいっぱい動かした後は、沖縄そばの店「恩納そば」はいかがでしょうか。ラストオーダーが18:30なのと、駐車場の台数が少ないので気を付けてください。でも、車が止められなくても、回転率はとても良いので心配しないで大丈夫です。あぐー豚とカツオベースの出汁が効いた沖縄そばを、つるつるっと食べるもヨシ、あぐー豚の焼肉定食やゴーヤチャンプルー定食など、沖縄料理の定食をガッツリ楽しむもヨシですね。お腹もいっぱいになったら、ホテルにチェックイン!

住所:沖縄県国頭郡恩納村富着1469-1

恩納そば

 

ペンションムーンヴィラ/イメージ画像

今回のパッカー女子でおすすめする宿は、優しいオーナー夫妻が経営する「ペンションムーンヴィラ」です。南国感満載でアットホームな雰囲気、お部屋の広さも十分。ペンションの周りは静かで、沖縄独特のゆっくりした時間が流れています。近くには、歩いていけるコンビニや飲食店もあるので、小腹がすいたときにも困りません。

このペンションに泊まった人たちは、次の日の朝早起きして、ペンションから徒歩1分のムーンビーチをお散歩するのが鉄板です。海の透明度が高く、美ら海として有名なビーチなので、素敵な1日の始まりになること間違いなしです!

住所:沖縄県国頭郡恩納村前兼久1006-2

ペンションムーンヴィラ

パッカー女子におすすめしたい北部の旅の1日をご紹介しました。

ぜひ、コロナ後の旅行に参考にしていただけたら嬉しいです!!

*次回のパッカー女子のオキナワ旅は、中部の旅のお話をしましょうね。

イメージ画像

 

前のページへ戻る

沖縄の天気

特派員として記事を制作してみませんか?